test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【医療】iPSでパーキンソン病治療へ、京大が臨床申請 

イメージ


転載元:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1393456810/



1 :伊勢うどんφ ★ :2014/02/27(木) 08:20:10.74 ID:???i

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使ったパーキンソン病治療の臨床研究に向け、京都大が今年6月にも、

再生医療安全性確保法(昨年11月成立)に基づく第三者審査委員会の設置を厚生労働省に申請することがわかった。



 新法に沿った初の臨床研究の手続きで、再生医療のモデルとなる。



 パーキンソン病は、脳の「黒質」と呼ばれる部分で、神経伝達物質のドーパミンを放出する神経細胞が減少することで発症する。

手足の震えや歩行障害などの症状が出る。



 京大iPS細胞研究所の高橋淳教授(52)らの研究グループは、人のiPS細胞からドーパミンを分泌する神経細胞を大量作製することに成功。

パーキンソン病のサルの脳に移植する実験で効果を確かめた。



 臨床研究は、同研究所と京大病院が連携して行う。計画では、患者6人の血液細胞からiPS細胞を作り、それぞれ数千万個の神経細胞に変化させ、患者の脳に移植する。

移植後の1年間は経過を観察し、安全性を確認する。



 第三者委員会は、再生医療を行う医療機関などに設置が義務づけられた。

従来の倫理委員会とは別組織で、再生医療に関する臨床研究の安全性を審査する。



 正式な設置基準は、6月に示される見込みで、新法が施行される今年11月より前に設置できる。



 京大によると、手続きが順調に進んだ場合、来年1月ごろから第三者委員会による審査が始まる見通し。

これを通過すれば、厚労相の承認を経て、早ければ来年夏には臨床研究に着手できるという。

ただ、患者の選定に時間が必要で、細胞の培養などに最短でも9か月はかかるため、移植手術の実施は16年になる見込み。



読売新聞 2月27日 3時6分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140227-00000033-yom-sci



3 :名無しさん@13周年 :2014/02/27(木) 08:23:39.43 ID:tQloJQQe0

これ精神疾患の治療にも応用できるんじゃね?統失とか

5 :名無しさん@13周年 :2014/02/27(木) 08:23:42.46 ID:LS0GaCex0

問題は効果より発ガン性

6 :名無しさん@13周年 :2014/02/27(木) 08:25:00.41 ID:WCxWM1+i0

認知症が治療できるようになってほすい

7 :名無しさん@13周年 [sage]:2014/02/27(木) 08:25:25.89 ID:eGYXme6w0

選ばれた人はラッキーやな

8 :名無しさん@13周年 :2014/02/27(木) 08:25:55.96 ID:2igvQlY/0

.



ここで核心を突いた意見を書くよ





パーキンソン病って元医師に多いよね

11 :名無しさん@13周年 :2014/02/27(木) 08:33:08.68 ID:IAIrMN2+O

>>8

俺の叔父さんももう死んだけど医師でパーキンソン病だったわ

なんで?

13 :名無しさん@13周年 :2014/02/27(木) 08:35:22.81 ID:JT7eT8gH0

>>11

白衣が原因やな。

間違いない。

21 :名無しさん@13周年 [sage]:2014/02/27(木) 08:48:09.72 ID:xUwu74Hu0

>>13

ああ・・・だから小保方さんは割烹着着てたのか

12 :名無しさん@13周年 [sage]:2014/02/27(木) 08:35:22.60 ID:tQloJQQe0

>>8

過労が原因か何か?

19 :名無しさん@13周年 :2014/02/27(木) 08:41:28.34 ID:tQloJQQe0

>>8はもういないようだな

10 :名無しさん@13周年 [sage]:2014/02/27(木) 08:32:44.71 ID:3drBWckZ0

もう臨床か。

思ってたよりだいぶ速いな

15 :名無しさん@13周年 [sage]:2014/02/27(木) 08:36:25.21 ID:i725etthP

埋め込んだ細胞がガンになったらどうするの?

18 :名無しさん@13周年 [sage]:2014/02/27(木) 08:40:22.41 ID:3drBWckZ0

>>15

脳で癌が起きたら一貫の終わり

16 :名無しさん@13周年 :2014/02/27(木) 08:37:17.73 ID:4grcFZZw0

マーティ・マクフライが復活!

17 :名無しさん@13周年 [sage]:2014/02/27(木) 08:38:33.43 ID:QZwdZRrzP

>>1

手続きに時間掛かりすぎだろ。

20 :名無しさん@13周年 [hage]:2014/02/27(木) 08:44:33.98 ID:sSgwZGba0

パーキンソン病治ったらまじすげーな。



iPS細胞から造血幹細胞の作製に成功。さらに遺伝子治療への応用にも成功

―骨髄移植に代わる新たな治療法に期待―

http://www.jst.go.jp/pr/info/info953/



こっちもはよw

23 :名無しさん@13周年 :2014/02/27(木) 08:51:12.02 ID:Kk2zAc/TP

あっという間に死ぬか

じわじわ死ぬかなら

可能性にかけるだろ

24 :名無しさん@13周年 :2014/02/27(木) 08:51:36.11 ID:c51CHDVl0

移植した細胞は まあそれで良いとして

前からあった、生まれつきの細胞はどうなるの



文盲の俺に教えてくれ

26 :名無しさん@13周年 [sage]:2014/02/27(木) 08:53:50.87 ID:QZwdZRrzP

>>24

同じ細胞の数を増やすのが今回の治療

27 :名無しさん@13周年 [sage]:2014/02/27(木) 08:55:34.99 ID:VPiWaPyx0

STAPなら1/5の期間でできるのに

まだiPSにこだわってるんだw

これからは関東の方が万能細胞の実権握るから悪あがきやめなよw

101 :名無しさん@13周年 [sage]:2014/02/27(木) 14:38:17.79 ID:W8EgWJ/E0

>>27

STAPの研究京大と協力してやるって言ってたけど…

35 :名無しさん@13周年 :2014/02/27(木) 09:25:26.60 ID:jqN0aYOm0

病気によって難易度は違うだろうが成功したらほんとすごいな。まじで人類の偉大な第一歩だろ。

がんばれ!信じてる人を故意に裏切るようなまねだけは絶対にせんでくれっ!

37 :名無しさん@13周年 :2014/02/27(木) 09:30:40.58 ID:/WniRCUs0

STAPから分化・増殖させる研究はなされてないし

理論上はIPSの期間と同じのはず。長い可能性だってあるし。



成功したとしても9カ月が6か月とかになるだけだろ。

そんなことより絶望的な患者に早く実施すべき。

寝たきりになると拘縮して治療の意味がなくなる。

若年発症の4~50歳台の患者には朗報だ。



ただ透析と同じで高齢になっても適応する懸念あり

保険適応等は考えて欲しい。

38 :名無しさん@13周年 [sage]:2014/02/27(木) 09:33:34.28 ID:MConLMIK0

精神疾患にも応用してくれ、これもかなり辛いんだわ

40 :名無しさん@13周年 :2014/02/27(木) 09:37:51.04 ID:QpfqzcrU0

まあ、パーキンソン治療にはiPSはまさにピッタンコなんだよねw



「MUSEでもやる予定とか♪」

「コンピートするものがあると開発速度は上がる。理想的といえるw」

41 :名無しさん@13周年 :2014/02/27(木) 09:38:27.77 ID:/GxQgJ540

これは割と順調に進められると思う。

豚のドーパミン生産ニューロン入れてたくらいだし。

あれも危なっかしい話しだったけど。倫理的にも。

42 :名無しさん@13周年 [sage]:2014/02/27(木) 09:41:10.09 ID:7KQb292w0

いきなりパーキンソンとは難易度高そうだけど、それだけ困ってる人多いんだろうな。

黄斑変性症は今年からだっけか。

44 :名無しさん@13周年 :2014/02/27(木) 09:46:02.82 ID:QpfqzcrU0

>>42



オペは多少大規模になるけど難易度はそれほど高くないw



「副腎髄質細胞の自家移植の歴史もある♪」

「まあ、エンジンオイルがなくなったエンジンにオイル自給メカを実装するような感覚だなw」

43 :名無しさん@13周年 [sage]:2014/02/27(木) 09:43:09.84 ID:BAzqRnSR0

おお、臨床まで進むのか、スゲー!

45 :名無しさん@13周年 :2014/02/27(木) 09:48:31.01 ID:/GxQgJ540

糖尿病あたりまでのやってもらいたい仕事が一つに決まっている細胞への

分化、移植は一直線だろうね。

世の中に響く話しは腎不全に何か手を打てた頃だろう。



逆に人工透析クリニック系の医者をプーさんにおいこめるかな?

そっちが壁かな

46 :名無しさん@13周年 :2014/02/27(木) 09:48:37.38 ID:g3uIKaeN0

角膜内皮細胞はよつくってくれ

47 :名無しさん@13周年 [sage]:2014/02/27(木) 09:52:57.53 ID:qjAt1BC60

お前らあきらめろ。

ハゲや花粉症やアトピーやアンチエイジング系は

死なないし、業界の金のなる木。

IPS細胞でやる気なんかきっとないよ。

やってもちょこっとづつ技術出されて金が永遠にかかるようになるはずだ。

49 :名無しさん@13周年 :2014/02/27(木) 10:01:48.54 ID:/GxQgJ540

>>47

花粉とかアトピーみたいな過剰免疫にiPSで何か、というのが一番絵がない。

それこそ、試験管内で培養して、薬の開発が進む、とかそういうのを待て。

ハゲはiPS細胞の応用が人体に悪影響なし、と気が緩んだ頃に

どーせ白人様に特許ごともってかれるよw

いつものように。まあ、美容外科枠で出来る時代もくるかもね。

一つ2000万円のカツラじゃあ、ね。

48 :名無しさん@13周年 [sage]:2014/02/27(木) 09:56:33.74 ID:GgtO+z6G0

STAP騒動で改めて分ったのはiPSの優秀さだよなあ。

結局最初に出てきたのが決定版だったみたいな。

50 :名無しさん@13周年 :2014/02/27(木) 10:08:35.29 ID:wc1jPXSO0

iPSの世界初臨床は、今話題の理研が実施する予定です

プロジェクトの責任者は女性

ttp://sankei.jp.msn.com/science/news/130731/scn13073112200000-n1.htm



こっちは大丈夫なのか?

最初の臨床で大きな失敗をやらかすと、後が続かなくなるぞ

理研CDBで女性ってだけで、不安になるわ

53 :名無しさん@13周年 :2014/02/27(木) 10:23:29.58 ID:tsKBm/Dx0

>>50

その先生は今回の先生とご夫婦だよね

パッと出の先生じゃない有名な先生

たぶん慎重(研究者としては当然か)な先生

患者を期待させるようなことは中々言ってくれない

77 :名無しさん@13周年 [sage]:2014/02/27(木) 11:00:22.72 ID:GgtO+z6G0

>>50

何故一番最初に加齢黄斑変性が選ばれたかというと失敗のリスクが低いうえ網膜細胞はガン化しにくいからだそうな。

さらに万が一問題が出てきたとしてもメスを入れずにレーザーで除去可能。

だから将来もっといい技術が出てきたらそれに置き換えるなんてこともできる。

一応二重三重の予防線は張ってるようだ。

ただ移植が成功するかどうかと実際見えるようになるかとはまた別問題で

過剰な期待は禁物と高橋リーダー自身も言ってる。

58 :名無しさん@13周年 :2014/02/27(木) 10:29:08.95 ID:YFxQ5ybn0

パーキンソンは急いで欲しいね

意識はしっかりしてて体が言う事きかないってのが一番辛い

59 :名無しさん@13周年 [sage]:2014/02/27(木) 10:30:13.17 ID:oThMkEYG0

高橋先生の講演の動画みたが、万が一がん化しても、それが問題になる程度

の大きさになるまでに20年ぐらいはかかるんだって。それまでに摘出すればOK。

60 :名無しさん@13周年 [sage]:2014/02/27(木) 10:31:04.79 ID:GfestMlDi

うおお、これ成功したらALSもいけるかも

ヤコブ病も、若年性アルツハイマーも

64 :名無しさん@13周年 :2014/02/27(木) 10:35:56.54 ID:Sx35EaguO

>>60

若年性アルツハイマーももちろん大事

だけど、強迫性障害(OCD)や統合失調症状には、応用してもらえないのかな?

こちらにも大分期待してるんだけどな~

83 :名無しさん@13周年 [sage]:2014/02/27(木) 12:38:11.31 ID:ff+gkwRo0

>>64

セロトニンどばどば出してOCDが治るんなら嬉しいけど、

OCDは行動療法でも治す道があるからなあ。

自分は本のアドバイス読んで実践しただけで10年来苦しんでたのが

目覚ましく改善(完治ではない)したので、薬物や外部治療は本来

必要ないんじゃないかと思うようになった。

61 :名無しさん@13周年 [sage]:2014/02/27(木) 10:31:10.14 ID:LKEDjtMj0

なんで患者6人なんだ?

一気に100人くらいで実験すればいいのに

66 :名無しさん@13周年 [sage]:2014/02/27(木) 10:38:12.55 ID:oThMkEYG0

>>61

治験はだいたいこんな感じじゃないかな



フェーズ1 数人の患者で安全を確かめる

フェーズ2 数人~数十人の患者で安全と効果を確かめる

フェーズ3 数百人の患者で効果を確かめる



すべてが成功後一般患者への治療開始

68 :名無しさん@13周年 [sage]:2014/02/27(木) 10:44:52.02 ID:LKEDjtMj0

>>66

時間掛かりそう

どうせ治らない病気なんだから安全確認は無視してもいいような気が

73 :名無しさん@13周年 :2014/02/27(木) 10:53:49.09 ID:TZRoXuGZO

>>68

治験のプロトコルは厳格に決まってるから無理。

個人的にはナマポの人間は条件が合うなら

医師の権限で強制的に治験参加でもいいと思ってるけど

まぁ人体実験とか言われるんだろうな。

ぶっちゃけ治験そのものが人体実験なのにな。

80 :名無しさん@13周年 [sage]:2014/02/27(木) 11:43:37.95 ID:Hu86DDTg0

>>68

すぐになんとかしないと死ぬ病気ならそうかもしれないけど、パーキンソンは

寿命をまっとうする人多いし、仕事できてる人もたくさんいるからな

俺も若年性患者だけど、10年待っても安全確認しっかりした治療のほうを選ぶわ

71 :名無しさん@13周年 :2014/02/27(木) 10:52:51.01 ID:/GxQgJ540

>>66

ちょっと違う

67 :名無しさん@13周年 [sage]:2014/02/27(木) 10:41:04.86 ID:cCNmbehZ0

脳細胞が新しくなるってことは記憶力みたいなもんも若返るのかねえ。

72 :名無しさん@13周年 [sage]:2014/02/27(木) 10:53:20.83 ID:wc1jPXSO0

アルツハイマーについても、患者の細胞からiPS細胞作って、

神経細胞に分化させて実験するなんてことも行われるんだよなぁ



>>67

iPSの関係者は「若返り」ってキーワードだけは慎重に避けてるらしいね

STAPの人は使ってたけど

70 :名無しさん@13周年 :2014/02/27(木) 10:52:40.08 ID:RUBWDy3N0

うぉーーーーーーー、待ってたよ!早く実現頼む。




関連記事
[ 2014/02/28 12:00 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勿忘草

Author:勿忘草
管理人の気になったことや、話題になっていることなどを記事にしていきたいと思います。

TOP絵募集中

最新記事
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
最新トラックバック
FC2カウンター
逆アクセスランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
736位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
2chまとめブログ
124位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
ポチっとお願いします。 ブログランキング・にほんブログ村へ 2chまとめランキング
人気ブログランキングへ


test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

サルでもわかるFX